日付 2007/1/21日曜
フィールド 前武尊
メンバー 冒険小屋(Taka Ryu Jacky)、
ゲスト:Fujishimaさん Yoshidaさん Kashimaさん
   

バックカントリー1/21前武尊01
ビーコントレーニング
   
前武尊ピークに向けてラストスパート バックカントリー1/21前武尊02
   
バックカントリー1/21前武尊03 ピークから見た剣ケ峰
   
鞍部で昼食兼滑走準備。 バックカントリー1/21前武尊04
   
バックカントリー1/21前武尊05 尾瀬燧ケ岳が見える。
「ひうちがたけ」と入れて変換したら、一発で出たのでびっくり。メジャーな単語なんだろうか?
   

ツリーラン。
まだまだブッシュが多い。
狭いブッシュの間を抜けようとして、いきなり腕を引っ張られたような反動があってバランスを崩して転ぶ。

何かと思ったら、伸縮式ストックの末端のポールがブッシュに引っかかって抜けてました。
ブラッ○ダイアモ○ドのストック、伸縮し易さの反面、抜け易い?という意外な弱点が。

バックカントリー1/21前武尊06
   
バックカントリー1/21前武尊07 滑走の順番を待ちながら、斜面を見つめる。
   
ツリーがタイトだ!
とてもベーシックとは(笑
バックカントリー1/21前武尊08
   
バックカントリー1/21前武尊09 場所によっては、かなり柔らかめの雪が残ってる。
荒砥沢を通ってゲレンデへ戻る。
途中、群馬ローカルのチームに出会う。入山ポイントや登頂ルートの各所に注意書きを施設し、滑走してはまずい方向にロープを張ったりなどの活動をしてくれているらしい。
スキー場サイドとバックカントリー愛好者達の間をたもつ役割をしてくれているのだろうか。
前武尊へのアクセスは絶望的かと思いきや、自己責任で入る道が残されたのは非常にありがたい。
今後も、スキー場サイドに迷惑をかけないように、

ゲレンデに戻るときは、必ず板を脱いで歩いて戻りましょう。
十二沢など、リフトから近い辺りまで来たら「ヒャッホー」とか声をあげずに目立たぬようにしましょう。



バックカントリー1/21前武尊10
昨年、WARPの神楽ベーシックにて初バックカントリーに参加して以来はまったFujishimaさん。
本日、思いがけず再会。
そのときのBlog
   
昨年、WARPと冒険小屋の合同ツアー(某武尊山系)にてお会いしたYoshidaさん。
本日、思いがけず再会。
そのときのBlog
冒険小屋のハードなリピーターらしい。
バックカントリー1/21前武尊11
   
バックカントリー1/21前武尊12 今日、Yoshidaさんに誘われて初バックカントリーのKashimaさん。
バックカントリー前武尊 次のページへ
バックカントリー〜粉雪の足跡〜トップへ戻る