Backcountry kona-yuki no ashi-ato
日付 2007/1/26金曜
フィールド 神楽
メンバー F&W(Tomo Syu Sei)、
ゲスト:Iwataさん Hiraseさん
   

1/26神楽-01


今日は快晴。日焼け必至。
勤めてる会社のバックカントリー部門が、リピートコースで奥まで行くと言うので、中尾根以外も様子を見ておきたかったので、着いていくことに。

参加者の二人にどうも見覚えがあるな〜と思ったら、昨年のWARPツアーや、シンのバイバイパーティで会っていたイワタさんとヒラセさんでした。

   
昨日は谷川岳でも、物凄い細かい粉雪が降っていた。
積雪量はたいした事はないが、サラサラのいい雪。

今日の神楽も期待がかかります、が日射の強さが少しずつ雪を固くしていく。

2〜3人くらいのトレースがあったのでハイクも楽でした。

1/26神楽-02
   
1/26神楽-03 中尾根ピークから望む苗場山。
今日は、こないだ買ったばかりの山スキービンディングを付けたBIGSTIXで出動。
   
中尾根は小休止でスルーして、清八沢ノ頭(通称三角)の方へ。
三角は登らずに、黒岩ノ平ら方面へ巻く。
この2010mピークに二人連れが直登をしていた。
ここまでのラッセルの主だろう。感謝。
1/26神楽-04
   
1/26神楽-05 ここのところ、ドカ雪が降ってないのでそれほどパウダーも深くないが、これで文句言ってたら罰が当たる。
   

清八手前の1921ピーク直登。キツそうだ。

1/26神楽-06
   
1/26神楽-07
2匹分のウサギの足跡が続いているが、最後に一匹分になって消えている。
追跡者(キツネやテン)を騙すためのバックトラップですね。
   
空が青い。
もう少し大きなサイズで見ると、物凄いきれいなんですが、契約してるサーバーのプランの容量がそれほど多くないので、圧縮優先です。
画像が小さい。
1/26神楽-08
   
お客さんの様子を見ながら、ドロップインポイントを調整。
黒岩ノ平まで行かずに、途中で食事休憩兼ピットチェックしてドロップイン。

20cmくらいの所に弱層。
CT17回目、きれいな剥離はせず。

スキーヤーズライトはセーフティーライン、レフトは美味しそうだがちょっと怖い斜面。
トリップリーダーのTOMOが『こっちの美味しそうな斜面は、申し訳ないですが僕が先にカットしながら降りますんで』とお客さんに説明して滑っていく。
最後の一番斜度がある部分で、スロープカットをしたところで表面20cmの弱層が剥がれて雪崩れる。
TOMOの足がデブリで埋まる。
   
1/26神楽-09 中央の林の一番右側の木の右下辺り。
足まで埋まってるTOMOと、ヘルプに行ったSyuの二人。

ゲストには、セーフティラインで滑り降りてもらう。
   
画面の真ん中、ぱっくり雪崩れてますね。
沢筋に堆積区が。
1/26神楽-10
   
1/26神楽-11
この晴天の中で滑るのはホントに気持ちいい。
視界に入るのは空と雪とツリーだけ。
1/26神楽-12 メインの滑走を終えて、ゲレンデに戻るまでのプチ滑走。
晴天のために、固いパウダーになってしまってるとはいえ、この浮力。
さすがはセンター幅106mm。
   
最後の記念写真。
アップで見ると、みな一様に汚い顔である。
雪焼けでゴーグル跡がついたマダラ日焼け。
1/26神楽-11
   


ゲレンデに戻ってゴンドラ降り場前で「お疲れさまでした!」とかやっていたら、えらい剣幕で話し掛けてくる人が。
この雪崩を見ていた人らしい。
スロープカットをして埋まったTOMO、ヘルプに行ったSyuの二人を見て、
下でTOMOが滑っている所に上からSyuも重ねて滑ってきて、Syuが雪崩を起こしてTOMOを埋めたのと勘違いしたらしい。
とりあえず、内容を説明する。
「わざとカットで落としたんならいいんだよ」と納得してもらう。

口調から言って、パトロールの人か山岳警備とか警察関係の人だろうか?
最近雪がちょっと不安定(先週辺りも北斜で雪崩の跡があったのをウチのスタッフが見ている)なのと、今期はずいぶん人が来ているけどノーチェックで滑ってる人も結構見受けらるので、雪崩にたいしてはかなり緊張感があるんでしょう。

バックカントリー〜粉雪の足跡〜トップへ戻る