日付 2007/2/8木曜
フィールド 谷川岳
メンバー 冒険小屋(Taka Ryu Sacchin)、
ゲスト:Yossy
   

今日は神楽あたりにソロで登ろうかなという予定でした。

しばらく神楽に行けないでいたんですが、その間の天候は暑くなったり寒かったり、雨っぽかったりなどめまぐるしく変わっている。
積雪の層もちょっと予断を許さない状況になってるんではと思い、滑るというよりは、様子見ながらあちこちピットチェックでもしようかと。

思ってたんですが、会社に山道具を一式置いたまま帰宅してしまったことに気づく。

また会社まで行って準備しなおしてから神楽行くのも億劫だし、どうしようかと思ってたんですが、確か冒険小屋が谷川岳のアドバンスツアーを設定してたのを思い出す。

TAKA@冒険小屋に電話すると、お客さんも入ったので催行するというので、そちらに同行させてもらうことに。
谷川岳なら、会社のすぐ近く。途中で寄って道具を取ってそのまま集合できる。

2/8谷川岳BC-01
快晴です。谷川岳。
トマの耳とオキの耳の山頂もくっきり。
私が谷川岳に登ろうとする日は、いつも天候が悪く中止になることが多かったんですが、珍しく晴れ。

これだけ天気がいいと、山頂までの道のりも随分と近く見えます。

   
天候が悪い日に、細い稜線上を延々と行くのは結構プレッシャーなんですが、天気がいいので気持ちの上でも余裕が。


2/8谷川岳BC-02
   
2/8谷川岳BC-03 谷間に何か人工物が。
関越トンネルのための通風孔らしい。
   
2/8谷川岳BC-04

途中ピットチェック。
今回、初めて会ったサッチンという方が雪崩の有資格者と聞いて、興味深く見させていただく。

凄い手際が良く、入念なチェックでした。

確か30cmくらいのところで、CT28。
2個目は最後まで剥離せず。

評価GOOD。

   

西黒沢も充分滑れそうということで、意気揚揚とピークを目指す。

2/8谷川岳BC-05
   
途中富士山が見えたりとか。
2/8谷川岳BC-06
いや、確かに肉眼では見えたんですけどね・・・。
   

シールハイク、楽でいいです。
冒険小屋はメインガイドTakaがシールなので、シールのラインでのハイクと、テールのRyu君のスノーシューハイクのラインとで、それぞれに対応してるのがいいですね。

 

2/8谷川岳バックカントリー-07
   
2/8谷川岳バックカントリー-08
浅間山
   
西黒尾根の南面。

普通に全層雪崩が起きてます。
春ですね。
2/8谷川岳バックカントリー-09
   
2/8谷川岳バックカントリー-10
尾瀬が随分と近くなって来た。

2/8谷川岳バックカントリー-11
武尊山も良く見える。
   
2/8谷川岳バックカントリー-12 肩の小屋
   
普通なら、この時期にこんなトコまで来たら、慌てて小屋に入って休むとこですが、天気がいいので外で食事休憩。

タコ焼きを食べていたら、
「山でタコヤキ食べてる人始めてみた」
との声が。

いや〜、やっぱり自分の好きなものとか美味しいもの食べたいじゃないですか。

ちなみに僕のお気に入りは、セブンイレブンで売ってる「モチモチお好み焼きパン」です。

2/8谷川岳バックカントリー-13
   
2/8谷川岳バックカントリー-14
苗場山&神楽峰
   
2/8谷川岳バックカントリー-15 この辺はもう、日射と風で斜面がカタカタ。
シールが効かずに、ツボアシで登りました。
   
2/8谷川岳バックカントリー-16
山頂、トマの耳までもう少し。
つーか、怖いよ。このトンガリ山頂に登るの。
   
はるか下の西黒沢を見下ろす。 2/8谷川岳バックカントリー-17
   
トマの耳のピーク到着。
2/8谷川岳バックカントリー-18
   
2/8谷川岳バックカントリー-19 お隣、オキの耳。
う〜ん、とんがってますね。
   
というか、このやせ細った尾根を歩くのって、怖いですよ。
高所恐怖症の私としては。
2/8谷川岳バックカントリー-20
   
2/8谷川岳バックカントリー-22 よくこんな細いとこに立っていられるものだと思って振りかえってみると、
僕らを途中で追い越した人が、すぐそこのスティープな斜面を滑って降りていた。

気持ちよさそうだけど、ソロでよくあそこを滑れるな〜と感心。
 

バックカントリー谷川岳 次ページへ続く

バックカントリー〜粉雪の足跡〜トップへ戻る