日付 2007/3/16 金曜
フィールド 神楽 清八沢の頭・中尾根北の森
メンバー Jun&Rina
板:FISHER BIG-STIX
ビンディング:ディアミール フリーライドプラス
ブーツ:ガルモントG-ライト

一昨日の神楽スキー場はパウダー喰い合戦でした。
しかし、天候も悪く登山道は閉じられ、入山届け用紙も片づけられていました。
ごく何人かが5ロマ近辺までハイクしていたくらいで、基本的には手付かず状態。

そして、昨日は天候も良く絶好のバックカントリー日より。

本当は昨日山に登りたかったんですが、昨日だけは休みが取れず、悶えるような思いで出勤してました。
昨日、山に入った人達の話では、相当良かったようです。

しかし、今日もけして悪くは無いコンディションのはず。
朝イチから神楽へ向かいました。
ゲレンデ滑る気は無かったので、5ロマのオープン9時半にあわせて出動。

5ロマリフトが動き出す時間の2分前に乗り場に到着する予定だったんですが、
今日は何故か9:25分に5ロマ運転開始。

到着したころには、5ロマの行列がほとんど解消してしまっている。
リフトを降りて登る準備をしていると、後ろからジュン&リナさんが到着。

今日は一緒に三角を目指すことに。

   
3/16神楽峰バックカントリー-01 三角(清八沢ノ頭)を目指して稜線沿いにハイク中。
5ロマが無ければ、ここまで来ようとはちょっと思いません。
5ロマ様さまですね。
   
3/16神楽峰バックカントリー-02 一見晴れているけど、微妙に薄い雲の中にいる感じです。
   
3/16神楽峰バックカントリー-03
時折晴れ間が出てきて、いい天気に。


3/16神楽峰バックカントリー-04
三角がだいぶ近づいてきました。
   


3/16神楽峰バックカントリー-05
苗場山。
シャッターを押すほんの数分前はもっと綺麗に見えてたんですが、雲を被り始める。

三角に取り付いた辺りで、急に視界が悪くなる。
無理してピークを目指さずに、三角中腹からドロップイン。

視界が悪かったせいもあるんですが、最初の数枚写真を取り損ねる。
3/16神楽峰バックカントリー-06 三角からの滑走。

3/16神楽峰バックカントリー-07 トラバース気味に沢のノリ面を移動。

3/16神楽峰バックカントリー-08

3/16神楽峰バックカントリー-09
滑ってきた斜面を見上げる。

この後、レストハウスで昼食をとって、第2回戦へ。

3/16神楽峰バックカントリー-10 だいぶモヤっぽくなっているので、中尾根北面の樹林帯へ向かう。

3/16神楽峰バックカントリー-11
ツリーラン部分は写真取れませんでしたが、雪の具合は最高でした。

3/16神楽峰バックカントリー-12
ゲレンデ戻る直前くらい。

この後、駐車場に戻る。
今日は筋斗雲のツアーが神楽に来ていたんですが、じゅんさんが少し用事があるとのことで、駐車場で筋斗雲の戻りを待つ。

なにやら大事な話があるという。
話の内容は、明日明後日の筋斗雲参加者へのサプライズなので、書くのは控えておきます。

3/16神楽峰バックカントリー-13
筋斗雲のツアー参加者が温泉へ行くと言うので、一緒に向かう。

参加者の一人、カトウさんと言う方がツアー中に「神楽に出没するSHIFTとBIGSITXの夫婦」の話題をしきりにしていたとか。

雪山系のBlogや日記などで、良く見るとか。
もちろん、じゅん&りなさんのことですね。

カトウさん、あちこちの雪山系サイトを巡回しているらしく、私がWARPからBIGSTIXを貰った話まで知っていました。

ちょっとビックリ。

今日は平日なのに5人もツアー参加とは、平日休みの人が多いのかな〜と思いきや、
みんな有給で来ているらしい。
『雪がいいから』という理由で会社を休む。実にいいことです。

   

おまけ。
じゅん&りなさんのシンクロ練習動画。
バックカントリー〜粉雪の足跡〜トップへ戻る