日付

2007/4/5 木曜

フィールド 神楽ケ峰 中尾根
メンバー Jun&Rina Ryu-chan JIN KIMKIM Chie-ko
板:FISHER BIG-STIX
ビンディング:ディアミール フリーライドプラス
ブーツ:ガルモントG-ライト

昨日の神楽は、期待したほどの雪はありませんでした。
ベシャ雪の上に10cmちょっとの新雪が乗ってる感じ。
しかし、昨日は午後からワサワサと雪が降ってきたので、今日が本番です。
なにせ、東京でも雪が降っていたとか。

俄然、期待が高まります。

↓今日の神楽の雪の深さ↓
神楽バックカントリー4/5-01
腰まで埋まります。




すいません、嘘です。
膝を折って、足が埋まってるように見せてるだけです。
ストックも実は折りたたんで短かくしてあります。

こないだのエイプリルフールで捏造癖がついてしまいました。

神楽バックカントリー4/5-02
ホントはこれくらい。
25cmくらいの新雪です。

それでも、この時期にしては上等なので、みなの期待が高まります。

今日は7人。大パーティです。
7時のサンライズ営業にあわせて集合。

第5ロマンスリフトが動き出す前にせっせと登ります。

神楽バックカントリー4/5-03
スキーが全部で4人。

神楽バックカントリー4/5-04
ボード3人。

神楽バックカントリー4/5-05
お天気は今ひとつ。

神楽バックカントリー4/5-06
太板のシールでも、そこそこ沈み込む。
今日はいいんじゃないでしょーか?

神楽バックカントリー4/5-07
5ロマ降り場で休憩。
風が強いです。

神楽バックカントリー4/5-08
中尾根を目指す。こっちはスキーシール組。

神楽バックカントリー4/5-09
この画面のどこかにスノーシュー組が。高度が上がってくると、ガスが濃い。


神楽バックカントリー4/5-10
今日は南斜面も充分雪質がいいので、中尾根南斜をまず一本。

神楽バックカントリー4/5-11
視界が悪いが、かろうじてボトムまで見えます。

神楽バックカントリー4/5-12
ファースト、じゅんさん。
神楽に篭って知り尽くしたじゅんさんは、この視界不良の中でも斜面の様子を見てくれる頼もしい存在です。

神楽バックカントリー4/5-13
順番を待ち構えている人たち。
パウダーをいただこうと血走った緊張感が走る中、一人お尻を向けているりゅーちゃんがホノボノ感を出してます。

神楽バックカントリー4/5-14
一眼カメラを持っているJINさんが、カメラを構える為に2番手で。

神楽バックカントリー4/5-15
みんな用意はバッチリですね。

私のカメラでなんとか、まともに撮影できたのはここまでで
神楽バックカントリー4/5-15
他の皆の滑走は、まともに写ってませんでした・・・。

バックカントリー神楽 その2へ続く

   


バックカントリー〜粉雪の足跡〜トップへ戻る