日付 2006/11/23 Part1
フィールド 立山
メンバー HA-KAI-SAN J.I JIN mai MOROTA NUSI 
   

06-07シーズンの初バックカントリー、立山。
雪山ジャンキー達がこぞって集まります。

この日記はだいぶ後から書いています(現在、2007/02/13日)。
一緒に行った皆の写真も集まったので、作成してしみました。
この立山行きの成り立ちや、以前に付けたBlogなども参照してください。

   
夜12時前には着いて、車中泊体制に入ったので結構空いていたんですが、朝起きてみると車の数が凄い。
仕事が終わってから出発した人たちが多いんでしょうね。


   
すっきりした目覚め!
昨年は寒くて熟睡できませんでしたが、今年は暖かいし車も車中泊仕様なのでばっちり!

その分、雪質が絶望的ではあるのですが・・・。
モロタさん、ぬしさん、まいちゃん、石井ちゃん、JINさんとここで合流。
   

扇沢駅。
ここからトロリーバス(電動)に乗って移動です。

キップを買っていたら、セイイチに後ろから声を掛けられる。
セイイチも来るとは聞いてたが、まさかいきなりここでめぐり合うとは。世の中って狭いですね。

   

長いトンネルを通って、バスを降りたらさらに地下通路を歩く。
山腹に空けた長い地下道を走るので、空気を汚さない為と、立山連峰の自然保護の為に、全て電動の交通手段です。

   

トンネルを歩く歩く。

 

   

やっと明るい所に出れた!
黒部ダムです。

ダム壁の上に設けられた通路を渡り、また地下通路へ入ります。

   
お日様の下で記念撮影。
   
ケーブルカー。もちろん電動です。
   
黒部平に到着。
ロープウェーが相当混んでるらしい。
整理券を渡される。

発射時間が来るまで、外で体を伸ばす。

   
終点と始点のみで支えるロープウェーとしては、日本一の距離だそうです。
   
目指す立山はもうすぐ。
中腹に、ロープウェーの終点の大観宝が。
   

トロリーバスに乗り換えて長い立山トンネルを抜けると、終点の室堂駅!
   

別世界です。
この向こうにロープウェーの終点があったとは思えないくらい。
   
八海山さんとも合流し、宿を目指して歩き出す。
手前に見えるのはミクリガ池。
   
雷鳥荘が見えてきました。
   
チェックインして、昼食をとりながらくつろぐ。
山小屋みたいなのを想像するかもしれませんが、意外に?綺麗なつくりです。
   

バックカントリー立山 一日目のPart2へ続く。

バックカントリー〜粉雪の足跡〜トップへ戻る