日付 2006/11/24 Part1
フィールド 立山連峰剣御前
メンバー HA-KAI-SAN J.I JIN mai MOROTA NUSI 
   

一日目パート1 一日目パート2 
さあ、立山バックカントリー初滑りの二日目。
朝から快晴です。
雄山の神社の向こうから朝日が上がってきてます。


さすがに3.000メートル級の山脈だと、日の入りが遅いです。



地獄谷の煙の向こうには雲海。


これから向かう雷鳥沢へと続く眼下のテント場の辺りは、まだ日が差してません。


明るい山頂とは対照的な薄暗い、宿の前で滑走準備。
このシーズンを待ち構えていたバックカントリージャンキー達でごった返してます。


滑走準備をしていると、筋斗雲チームがドロップインを始めたので撮影。
雨が降った後に、冷え込んでまた固まったため、ガタガタの氷の斜面です。

うちのグループが準備をしている間に滑っていた別グループの人たちの中で、ボードのスワローテールを折ってしまった人が2人もいました。


ボトムまで滑り、登る準備。


太陽が山の背から顔を出して来た。まぶしい。



ぞろぞろと登ります。


だいぶ登ってきました。
半年以上ぶりの雪山、体が慣れるまで結構時間がかかります。


地獄谷、称名川、奥大日岳(山頂は切れちゃってますが)。後方に雲海。


山頂近くから雷鳥荘を振り返る。
一番奥に見えている建物が室堂ターミナル。

 

バックカントリー立山滑走編へ続く。

 

バックカントリー〜粉雪の足跡〜トップへ戻る