バックカントリー記録

バックカントリー 〜粉雪の足跡〜

日付

2007/11/17

フィールド 立山雷鳥沢、剣沢
メンバー nakaちゃん maiちゃん
板:FISHER BIG-STIX
ビンディング:ディアミール フリーライドプラス
ブーツ:ガルモントハイライド

初滑り立山 11月の16〜18日の2泊3日の二日目。
メイン滑走日です。

本当は今日からの予定で立てていたんですが、事前の天気の予報で、今日は晴れそうだけれども翌日から崩れるというのを聞き、今日がメイン滑走日になるように予定をずらしました。

ドンピシャで大快晴。


これから登る斜面を背景に撮影。

まずはスキーを履いて、雷鳥荘前の斜面を滑り降りる。


雷鳥荘を見上げる。


ハイクアップ準備。


ハイク中、雄山を見ると日が大分上がってきた。

ちょっと登ると斜面が固くてシールが効き辛くなる。
風の影響が少ないボトム付近はそれほどでもなかったけれど、この辺りからは柔らかい雪は飛ばされ、風で叩かれてかなり固い。

ちょっとミスするとズルっとなって後退してしまう。
板を担ぎたくなかったので、なんとかシールで踏ん張る。


室堂乗越を眺める。
ここから上はさらに斜面が固く、斜度があがってくるとシールが全く効かない。
トラバースも絶対にできそうにないので、スキーを担いでツボ足で稜線直登。
うっかりカガミ谷側に落ちたりでもしたら洒落になりません。

山頂に近づくにつれて、物凄い風。
寒い。痛い。

剣御前小屋まで来ると、物凄い強風。
体感温度はもうマイナス10度以下とかじゃなかろうかという勢い。

写真など撮る余裕も無く、速攻で滑り降りる。


ボトムから御前小屋方面を見上げると、地吹雪のように雪煙があがってる。
ここまで来ると大分ましだけど、それでも風の影響が強く、予備のジャケットを羽織ってもまだ寒い。


東側、別山の稜線。
こんなにサンサンと太陽が照っているのに気温はマイナス。


MAIちゃんの滑走


記念写真。


2本目の滑走のための登り返しをする前にお昼ご飯。

次回へ続きます。

 

・業務用サイト

■スノーシュー.jp

■キャニオニングツアー



バックカントリー〜粉雪の足跡〜トップへ戻る