バックカントリー装備:アクセサリー

 

●patagonia R1バラクラバ

 

予備の防寒用としてザックに突っ込んであります。

普段はヘルメット対応の薄手のビーニーを被っていて、寒いときは交換するかその上に重ね着するか、状況によって選んでます。

 

グローブ

●パタゴニア メンズルビコングローブ
ルビコングローブ
07-08シーズン新モデル。
バックカントリー用ではなく、ゲレンデ用として購入。
BC用はアウターとインナーが分離できるもので選ぶようにしてますが、こいつはゲレンデ用なので分離式ではなくて頑丈さ優先で選びました。
ごついです。

以下、メーカーの能書き。
メンズ・ルビコン・グローブ

素晴らしいパウダースノーをもたらすユタ北西部の厳寒のコンディションでは、手が冷たく濡れることを覚悟しなければなりません。悪天候が迫ってきたら、防水性/透湿性バリヤーを備えた2層構造の丈夫なルビコン・グローブが最大級のストームプロテクションを提供します。速乾性のある温かなライナーを備え、合成レザーで補強した手のひらと指は細かい作業に効果的。さらに立体形状の手首、指、関節部分により、手の自然な動きに柔軟に対応します。片手で調節できるドローコードを備え、マイクロファイバー製のパッチは鼻を拭くのに便利です。シェルにはデリュージR DWR(耐久性撥水)加工を施し、インサレーションは手のひらよりも手の甲に増量してあるので、ストックをしっかりと握ることができます。

雪や氷を弾く丈夫な2層構造のリサイクル・ポリエステル製シェル素材
防水性/透湿性バリヤーとデリュージR DWR(耐水性撥水)加工を施したシェルは、悪天候にしっかりと対応
丈夫で温かく速乾性のあるライナー。ライナーは手首と指に縫い目のない構造。手のひらよりも手の甲に増量したインサレーションにより、指先の動きを最大限に発揮
手のひら、指および指先は軽量で丈夫なピッタードR 合成レザーを使用
指の縫い目は摩耗しやすい部分からずらした、改良型の立体形状仕上げ。手首と指部分は立体形状で耐久性が向上
手首までの長さのガントレット(手首の覆い)には片手で調節できるドローコードが付き、埋め込み型のコードロックによりコードがブラつかない
鼻を拭くのに便利なマイクロファイバー素材のソフトなパッチと、カラビナループ付き。レギュラー・フィット
シェル:H2NoR 防水性/透湿性バリヤーを施した、2層構造のドビー織りの5.8オンス・リサイクル・ポリエステル。デリュージR DWR(耐久性撥水)加工済み。合成レザーの手のひら:ナイロン60%/ポリウレタン40%。ライナー:3ミリ厚のポリエステル・パイル
174 g (6.14 oz)


●パタゴニア ホワイトスモークグローブ
●パタゴニア ワークグローブ

●モンベル オーバーミトン ロング
モンベル オーバーミトン
アウター部分だけのやつです。
天候の回復待ちの時とかに、グローブの上からすっぽり被せます。
ハイクアップ用のグローブやインナーグローブと組み合わせての予備グローブも兼ねてます。



●パタゴニア ライトウェイトグローブ ライナー
以下メーカーの能書き↓
肌からの水分を吸湿発散し、手をドライに保つポリエステル素材
手の甲は指部分の縫い目を最小限に抑えたデザインにより、より快適な肌触りを提供
快適にレイヤリングできるぴったりとしたフィット
4オンス・リサイクルファイバー・ポリエステル54%/バージン・ポリエステル46%(100%リサイクル可能)。吸湿発散性加工済み
28 g. (1 oz.)

●パタゴニア エクスペディションウェイトグローブ ライナー
インナー用です。
グローブの下に重ねる為や、暑いときのハイクアップ用など。

ゴーグル 僕が一番こだわらない部分です。
テレマークで前にこけるとスキーの先がゴーグルに刺さったりするので、高いやつを買うのがちょっとためらわれるからです。
値段が手ごろなのを見つけて買ってます。メーカーとかにこだわらないので、自分が使ってるゴーグルのメーカーさえ覚えてません。
人から「その●●のゴーグル、いい色だね」とか言われて初めてメーカー名気づいた入りします。
唯一ゴーグルでこだわってる部分としては、2重レンズで曇り止め加工がしてあって、薄めのオールラウンドタイプ、という点だけです。
ゴーグルは常に2個持っていくようにしてますが、2個ともイエローやオレンジ系のオールラウンドです。


ソックス
これもあまりこだわらない部分です、そこらで見つけてた無印の安いのを使うことも。
テレマークだと親指の付け根のところがすぐ擦りきれてしまうので、あまり高級品は買いづらいからです。
ただ、伸びたりし易い安物を買うと靴擦れの原因になるので、その点だけ気をつけてます。
X-SOCKSは主義に反して高いけど2足買ってしまいました。
さすがに、快適です。

帽子
帽子は、メットの下にかぶることができる薄手でなおかつ保温性と透湿性がある、という条件を満たすもの、一般用品では中々無いので、
こだわって買い物してる部分です。


パタゴアニア (ライトウェイトっぽい)ビーニー
薄手でヘルメットの下でもすっきりするので気に入ってます。
暑い日はこれ。

パタゴニア R1バラクラバ
こいつも超お気に入り。寒い日は厚いウェアを着るよりも、一枚のバラクラバ。
帽子の予備として常にザックに忍ばせてあります。

パタゴニア ビッグマウンテンビーニー 
ビッグマウンテンビーニー
メットの下に被るとちょっと窮屈なのでスノーシュー用になりそう。
●K2 ULTRA
K2 ULTRA

 


バックカントリーギア一覧

バックカントリーギア一覧
パタゴニア

・業務用サイト

■スノーシュー.jp

■キャニオニングツアー

■カヌーみなかみ

 

バックカントリー~粉雪の足跡~トップへ戻る