バックカントリーウェア/アウタージャケット

 

ハードシェル

●モンベル ストームハンタージャケット
mont-bellストームハンター
07-08シーズン購入。
久しぶりにゴアテックスだ。
ポケットは少ないし、ベンチレーションもありません。
ゴアの透湿性を信頼してベンチレーションなくても大丈夫かな?
シンプルイズベストということで、使い分けですね。

以下、メーカーの能書き。

登山ガイドや山岳警備隊などプロの使用にも耐えるヘビーデューティーなジャケットです。全体に強度の高い生地を使用し、摩耗の激しい部分はさらに高強度の生地で補強。ファスナー部分もダブルフラップで保護しています。胸には大型のポケットを配し、フードはヘルメットの上からでも被れる大きめサイズに設定しています。
【素材】●構成:ゴアテックスR3レイヤー●表地:70デニール・ナイロン・タフタ(身頃)/140デニール・ナイロン・オックス(肩、肘、尻、膝から裾の補強部分)
【平均重量】470g 
【カラー】ブルーリッジ(BLRI)/ ホットレッド(HRD)
【サイズ】XS / S / M / L / XL(男女兼用) 
【収納サイズ】10X10X17cm
【特徴】ゴロつきを解消した立体型フード収納部/肩・肘は高強度生地で補強/肩部分に縫い目を設けず防水性を高めたキモノスリーブ/大型胸ポケットつき/カフ部分に保水しにくいタブを採用/撥水糸/撥水ジッパー/ネームタグつき/スタッフバッグつき

●パタゴニア メンズ・ストーム・ジャケット
patagoniaストームジャケット
メイン使用。超お気に入りの一品。

・シェル:H2No HBストーム・バリヤーを施した、2層構造の3.5オンス・リサイクル・ポリエステル100%。デリュージ DWR(耐久性撥水)加工済み。
・裏地:リサイクル・ポリエステル・メッシュ100%
●重量:680 g


●パタゴニア レインシャドージャケット
patagoniaレインシャドウジャケット


薄くて軽いので重宝してます(369g!)。
薄いから一見寒そうですが、吹雪いてる日でもアンダー+ミドル+レインシャドウで行動できます(ちょい寒いですが)。
ミドルをR3やR4辺りにするか、ソフトシェルにすると調度いいかもしれません。
R3やR4は持ってないので、R2と組み合わせて晴天用(プラス、ザックの中に予備中間着)にするか、ソフトシェルのジャケットと組み合わせてます。

ソフトシェルだと悪天候の時に厳しくなったりするので、そういった時の予備着にレインシャドウをザックに忍ばせたりしてます。
軽いしかさばらないからちょうどよい。

暑い日はアンダー+コアスキンジャケットで行動して、荒天用にザックにこいつを忍ばせてます。

薄くて軽いので、レイヤリングの工夫に組み込み易い。

以下メーカーの能書き↓

耐裂性を備えた、軽量でコンパクトに収納できる2.5層構造素材。起伏のあるポリマー・マトリックス・パターンの内側は滑りがよいのでレイヤリングしやすく、肌からの水分を吸収発散しながら、防水性バリヤーを摩耗から守る
縫い目は防水性シール処理済み。2つの調節ポイントを備えたフードはヘルメットの着用に対応し、使わない時は巻き込んで留めることができる
悪天候に対応するデリュージR DWR(耐久性撥水)加工を施した軽量なジッパーを使用
耐水性ピットジッパー付き
外側にジッパー式ポケットが2つ。左胸の内側にジッパー式チェストポケットが1つ
袖口は有孔テープ留め
ドローコード付きの裾。ミッドレングスの丈を採用したミニマリストのデザイン
H2NoR ストーム防水性/透湿性バリヤーを施した、2.5層構造の2.7オンス・50デニール・リップストップ・ナイロン。デリュージR DWR(耐久性撥水)加工済み
369 g. (13 oz.)



●パタゴニア メンズルビコンジャケット
ルビコンジャケット
07-08購入
今までのペラペラに比べればごついです。いかにも「ウェア」って感じ。

ベンチレーションが胸の2箇所のみ。(思わずポケットと間違えモノを入れてしまいそうな形状です。)

脇とかには無いので、生地の厚さとあいまって熱がこもりがち。

汗を沢山かきそうなシチュエーションには向かないかも。

ハードシェルはソフトシェルに比べて透湿性が低いとか思われガチですが、ベンチレーションがしっかり付いているものは、

ベンチレーションを使用すればいいわけであって、実はそんなに透湿性のことは気にする必要がなかったりします。

 

ただ、このモデルのようにベンチレーションが少ないとちょっと使う局面が限られてきます。

あまり汗をかかなさそうなプランの時とか、絶対に寒いよ、みたいな時には重宝します。


以下メーカーの能書き↓
とても軽量でコンパクトに収納でき、オールマウンテン型プロテクションを提供する2層構造素材。胴の内側の起毛ポリエステル・グリッド・メッシュは保温性と吸湿発散性に優れ、レイヤリングもスムーズ。袖は滑りのよいメッシュの裏地が付いてあらゆる動きに対応
2つの調節ポイントを備えた立体形状のフードは首の自然な動きを妨げず、ヘルメットの着用にも対応。フードは新採用の目立たない2つのスナップ留めで襟に結合でき、顔を風や縫い目による擦れから守る
脇の下に角度のあるベンツ付き。立体形状の肘。フルレングスのフロントジッパーはウインドフラップを備え、上部にジッパーカバー付き
フル機能を備えた伸縮性パウダースカートにはスキーパスやグローブを取り付けられるホルダーと、2006年秋のパタゴニア製スキー/スノーボード用パンツすべてに取り付け可能なウェビングのループ付き
左上腕にジッパー式ポケットが1つ、ジッパー式ハンドウォーマーポケットが2つ。左内側にメッシュポケットとジッパー式メッシュポケット付き。右内側のポケットは電子機器を収納できる大きさで、アンテナやコードはポケット上部の小穴から出すことができる
使いやすい共布のタブとテープ留めでしっかりと閉じることができる袖口
目立たない裾のドローコードは、本体と一体型のかさばらずブラつかないコードロック付き

H2NoR 防水性/透湿性バリヤーを施した、2層構造の6.5オンス・ナイロン50%/ポリエステル50%。デリュージR DWR(耐久性撥水)加工済み
1,077 g. (38 oz.)



ソフトシェル

●パタゴニアのMen's Ascensionist Jacket(メンズ・アセンジョニスト・ジャケット
アセンジョニストジャケット

2008年秋購入。

ソフトシェルもどんどんアウターとしての能力が上がってますね。
ちょっとびっくりしました。

天候が厳しくなりそうな時は、レインシャドウをザックに念のためにしのばせてます。
そういう使い方をしてます、とパタゴニアの営業さんに話したら不思議そうな顔をされて、「まあ使い方は人それぞれですからね」と微妙なコメントをされてしまいましたが。



以下、メーカーサイトよりの詳細

メンズ・アセンジョニスト・ジャケット
パタゴニア製品の中で最もテクニカルなこのソフトシェルが、山でのハードコアなアクティビティに挑むアルピニストにプロテクションと最小限の重量をバランスよく提供します。目の詰んだストレッチ・ダブル織り素材はステッチを使用せずに圧着した継ぎ目を採用し、優れた耐水性と耐風性、速乾性と透湿性を提供します。3つの調節ポイントを備えたフード、耐水性ジッパー、内側にセキュリティポケットを備え、ジッパーガレージ付きの大型ハンドウォーマーポケットはハーネスのじゃまにならない配置です。立体形状の袖とドローコード付きの裾を備え、伸縮性をもたせた袖口はしなやかな有孔タブで調節可能。「つなげる糸リサイクルプログラム」によりリサイクル可能。

 

目の詰んだストレッチ・ダブル織りポリエステルは非常に優れた耐水性と耐風性を備え、スパンデックス未使用により速乾性も提供
ステッチを使用せずに圧着した継ぎ目によりかさばりを抑えながら、速乾性と耐水性を向上
3つの調節ポイントを備えたフードはヘルメットの着用に対応
あごと首に肌触りが快適な起毛させたマイクロフリースのパッチ付き
DWR(耐久性撥水)加工済みのフロントジッパー
DWR加工済みのジッパーとジッパーガレージを備えたハンドウォーマーポケットが2つ
内側にセキュリティポケットが1つ。立体形状の袖。伸縮性をもたせた袖口はしなやかな有孔タブで調節可能。ドローコード付きの裾
2方向に伸縮するダブル織りの5.3オンス・ポリエステル(リサイクル・ポリエステル45%)。デリュージR DWR(耐久性撥水)加工済み。「つなげる糸リサイクルプログラム」によりリサイクル可能
544 g (19.2 oz)

 

素材
リサイクルされた/リサイクル可能なポリエステル
この製品は、消費者から回収されたペットボトル、製品に使用できない二級品の素材、着古した衣類などを再生したポリエステルを使用しています。 テクノロジー
デリュージR DWR
パタゴニアが独自に開発したデリュージDWR(耐久性撥水)加工は、一般のDWR(耐久性撥水)加工に比べて効果の持続力が高く、デリュージDWR加工が施されたウェアは、長年使用しても新品の時と同じ撥水の機能を発揮します。


●パタゴニア コアスキンジャケット
コアスキン

期待して買ったんですが、意外に出番が少なかったです。
色とデザインが無茶苦茶気に入ってるので、レインシャドウと組み合わせてなんとか使ってます。
やはり日本の冬山でソフトシェルをアウターとして使うのはちょっと無理がありました。
特にみなかみ町のスノーシューフィールドなどは標高も低いので、ほとんど水みたいなボタ雪が降ってきたり、ホントに雨が降ってくることも珍しくありません。
標高や緯度が高くて、「雨なんか振らないよ」という厳しい環境下で使う為に開発されたソフトシェルは、気温が高く湿気も多い日本の冬には逆に弱かったです。


以下メーカーの能書き↓
片面起毛R2R(ポーラテック・パワー・ドライR)インサレーションを貼り合わせた、10オンス・40×30デニール(補強部分は10.2オンス・80×50デニール)・ポリエステル75%/ストレッチ織りナイロン25%(ポーラテックR パワー・シールドR)。デリュージR DWR(耐久性撥水)加工済み
539 g. (19 oz.)

●パタゴニア インファーノジャケット
インファーノジャケット
インサレーション付きソフトシェル。
ええと、保温性が死ぬほど高いです。
田舎に住んでるため実物を見る機会がないので、ネットやカタログで見てパタゴニアにweb経由で発注してるんですが。。。
インサレーション(保温材)が無いタイプと勘違いし買ってしまいました。
パタゴニアは通販で購入しても、サイズが合わなかったとかイメージと違ったとかの理由で交換ができるから愛用してるんですが、気が小さいので「勘違いだったから交換して」といえずにそのまま持ってます。
ハイクがある局面では使えないので、リフトアクセスできるコースじゃないと無理です。
暑すぎて、バックカントリーでは使えません。
猛吹雪の中、あまりに暑くてフリースを脱いで、インナーとこいつだけで滑ってました。
雪山ではほとんど出番は無く、冬場の出勤用の普段着→退社後ナイターのゲレンデ用と化してます。

以下メーカーの能書き↓
4.3オンス・リサイクルファイバー・ポリエステル100%。デリュージR DWR(耐久性撥水)加工済み。胴部分の裏地:8オンスの6ミリ厚ポリエステル・パイル素材(リサイクルファイバー・ポリエステル86%/バージン・ポリエステル14%)。フードと袖の裏地:4オンスの3ミリ厚ポリエステル・パイル素材(リサイクルファイバー・ポリエステル70%/バージン・ポリエステル30%)
921 g. (32.5 oz.)

バックカントリーギア一覧

バックカントリーギア一覧
パタゴニア

・業務用サイト

■スノーシュー.jp

■キャニオニングツアー

■カヌーみなかみ

 

バックカントリー~粉雪の足跡~トップへ戻る